teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:116/470 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

お薦め写真集~♪

 投稿者:はっぴぃ  投稿日:2015年 6月 2日(火)15時22分39秒
  通報
  マイムトウOGの手回しオルガン奏者で写真家の紀(きの)あささんが、写真集を出版しました。
『伝説の大道芸人 ギリヤーク尼ヶ崎への手紙 ~ 大道芸と祈りの踊り』
ギリヤーク尼ヶ崎さんの魅力が満載の素晴らしい写真集ですので、是非ご一読を~!

ギリヤーク尼ヶ崎さんについて
僕が大道芸を始めたのは、1986年からです。毎週末、昼間に原宿のホコ天でパフォーマンスした後に、16時頃から神宮橋でラストパフォーマンスするのが日課でした。その神宮橋で15時頃に演じているのが、ギリヤーク尼ヶ崎さんでした(因みに17時頃に現れるのが、雪竹太郎さんでした)。当時のギリヤーク尼ヶ崎さんは心技体共に一番充実している時で、本当に圧倒的な踊りを演じていました。原宿時代にはお話しする機会がなかったのですが、その後『大道芸ワールドカップin静岡』で親しくお話させて頂きました。プレビューショーの舞台の時に「どこから舞台に出て行こうか」と悩んで相談してくれた事が印象に残っています。あれだけの大御所でありながら繊細な準備を怠らない姿勢が、あの魂の踊りを生み出すのだなと感じました。また、テレビのドキュメンタリー番組で、頂いた投げ銭のお札を家で心を込めて1枚ずつアイロンをかけている姿にも心打たれました。小銭の1円玉1枚にも感謝の気持ちを込めて、丁寧に数えてらっしゃいました。
想えば、あの頃に原宿でご一緒させて頂いた芸人さんたちは、(大変お世話になったヘルシー松田さんを初め)みんな素晴らしいストリートのアーティストでした。昨今のお金を稼ぐのが上手なバスカーの皆さんの方程式とは、縁遠い魅力でいっぱいで…。そんなアーティストの代表が、やはりギリヤーク尼ヶ崎さんなのです!


http://hakodate.yokohama/gilyak.html

 
 
》記事一覧表示

新着順:116/470 《前のページ | 次のページ》
/470