teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


HKスペシャル 日野原重明 100歳 いのちのメッセージ

 投稿者:22  投稿日:2011年10月 8日(土)17時10分59秒
返信・引用
  (*)日野原重明 - Wikipedia
日野原 重明(ひのはらしげあき、1911年10月4日 - )は、日本の医師・医学博士である。聖路加国際病院理事長、同名誉院長。
文化功労者、文化勲章、東京都文化賞、日本医師会最高優功賞、日米医学科化学者賞。

http://monjyu.biz/monjyu/bd2/test1/msg/348.html

(*)「NHKスペシャル 日野原重明 100歳 いのちのメッセージ」
http://www.nhk.or.jp/special/onair/111008.html
2011年10月8日(土) 午後7時30分~8時43分 NHK総合テレビ
<番組内容>
現役医師として今もエネルギッシュに活動を続ける日野原重明(ひのはらしげあき)さん。書く本は次々とベストセラー、年間百回を越える講演はいつも超満員、記憶力は抜群にいいし、向上心は若者以上・・・類まれなる老いを生きる日野原重明さんは2011年10月4日に100歳になった。どうすればこのように生きられるのか、不安や葛藤はないのか。99歳の誕生日からの1年間、我々はプライベートや家族にも密着し、これまで知られてこなかった日野原重明さんの姿を記録した。
70年間、日野原重明さんを支え続けてきた妻・静子さんは、認知症が進み夫のことも分からなくなりつつあった。そして自宅で意識を失い、緊急の入院。妻の病に葛藤し、自らの命について思索する日々が続いていた。
またそうした中でも、緩和ケア病棟で末期の患者たちを勇気付け、被災地に出向いて被災者たちと向き合った。そこには100年間に渡って様々な人と出会うことで積み上げてきた日野原重明さんならではの人間観があった。番組では、日野原さんを1年間密着取材することで、類まれなる100歳の内面と哲学を掘り下げ、豊かに老い、死ぬことの意味を見つめる。
 
 

おススメ

 投稿者:豆たんく  投稿日:2011年 5月 7日(土)17時54分52秒
返信・引用
  http://www.wasedadaigakeizokuwasedajitsugyo-ele.biz 弁護士的な、あまりに弁護士的な
http://www.notorudamugakuin-ele.com レム睡眠とノンレム睡眠
http://terasou-shomei.com 五反田で中古賃貸マンション不動産めぐり
http://arthome-life.com アートな住まい
http://www.tenshoku-worst3.biz 脱毛がしたい人に悪い人はいない
http://www.nanzandaigakufuzoku-ele.net 小学校の選び方-中級編-
 

^^

 投稿者:親父  投稿日:2009年10月22日(木)00時08分2秒
返信・引用
  更新  

ありがとうございます

 投稿者:親父  投稿日:2008年11月21日(金)03時13分53秒
返信・引用
  明生さん 情報ありがとうございます。
一日も早い全快を心よろ応援させて頂きます。
 

(無題)

 投稿者:明生  投稿日:2008年11月18日(火)10時14分25秒
返信・引用
  初めましてmixiの方にも書いたんですが血管内治療の件数の多さでは日本医科大千葉北総病院の小南か旭川の医師が有名です。ただ有名=名医とは限りません。ボクが接した小南医師は決して無理はしないハッキリとした医者でした。ただボクの場合摘出できない位置にあり血管内治療ののちのガンマナイフしかなくこれができるのはボクと旭川の医師くらいだろうとも言ってました。三回の血管内手術の後医師が提携しているガンマナイフ治療件数が国内でもトップクラスの県立循環器医療センターとゆう所の永野医師にガンマナイフ治療をして頂き考えられる放射線リスクも無く全快に向かっています。  

おめどうございます。

 投稿者:親父  投稿日:2008年 9月23日(火)02時35分9秒
返信・引用
  日記にも書きましたが、下記情報をくれた方 本日テレビでも放映されましたが、無事成功しました。
心よりお祝い申し上げます。
 

おめどうございます。

 投稿者:親父  投稿日:2008年 9月23日(火)02時34分2秒
返信・引用
  日記にも書きましたが、下記情報をくれた方 本日テレビでも放映されましたが、無事成功しました。
心よりお祝い申し上げます。
 

^^

 投稿者:親父  投稿日:2008年 8月27日(水)06時43分20秒
返信・引用
  9月に脳動静脈奇形の手術される方からの情報です。
ありがとうございました!

お嬢様はもう福島先生の関連病院でお世話になると思いますが、
私が経験してきた情報を、何かのときにお役に立てたらと…
私が手術前にできるお礼として、
AVMセカンドオピニオン病院リストを送ります。
ーーーーーーーーーーーーー
大阪 富永病院 脳外科 副院長 長谷川 洋先生
http://www.tominaga.or.jp/
http://www.tominaga.or.jp/kojin/nouge.html

東京 東京慈恵会医科大学附属第三病院  脳外科 医長 坂井春男先生
http://www.jikei.ac.jp/hospital/daisan/sinryo/21.html

東京 東京女子医科大学東医療センター 脳外科 準教授 山本昌昭先生
http://www.twmu.ac.jp/DNH/annai/nouge.html

東京 築地神経科クリニック(東京ガンマユニットセンター)
                   理事長 平井達夫先生
http://www.tguc.jp/ahos/index.html

東京 池上総合病院 脳外科 救急医療センター長 東郷康二先生
http://www.ikegamihosp.jp/nousinkei.html

名古屋 藤田保健衛生大学病院
http://info.fujita-hu.ac.jp/%7Eneuron/jp/clinic/c_0301.html             脳外科 教授 佐野公俊先生
       脳外科 血管内治療専門 教授 根来 真先生
       脳外科 血管内治療専門 講師 入江恵子先生

北海道 旭川赤十字病院 脳外科部長 上山博康先生
http://www.asahikawa.jrc.or.jp/neurosurgery/
http://www.asahikawa.jrc.or.jp/class/2006/12/post_14.html
http://www.asahikawa.jrc.or.jp/class/2006/12/post_26.html#noushinkeigeka

京都府 京都大学医学部附属病院 脳外科 教授 橋本信夫先生
http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/medical/clinical/neurosurgery.html
http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/%7Eneurosurg/message/index.html

千葉県 塩田病院附属 福島孝徳記念クリニック
    院長 北原巧雄先生
http://www.s-fmc.jp/intro/kitahara_dr.html

神奈川県 横浜サイバーナイフセンター(新緑会脳神経外科)
    院長 佐藤健吾先生
http://wakaba.or.jp/yokohama/guidance.html
 

ありがとうございます

 投稿者:親父  投稿日:2008年 7月 9日(水)09時43分4秒
返信・引用
  いろいろとありがとうございます。
9月に一度、伺う予定で今 考えています。
 

(無題)

 投稿者:わかめ  投稿日:2008年 7月 6日(日)01時27分55秒
返信・引用
  まず、茂原のクリニックは完全予約制です。

電話をして予約を取ってから受信という形になります。
その際、MRIやCTの画像があれば持ってきてくださいと言われます。
直接翼ちゃんが行けないとの事ですが、病院に聞いてみないとわかんないですね・・・すみません(-_-;)

それから1番弟子の院長北原先生の受診は多くの方が希望しており、2,3ヶ月待ちを覚悟したほうがいいです。
私は院長先生ではありません。
その分のメリットは診察を何ヶ月も待たなくて済む事です。
その先生いわく、クリニックの医師と福島先生とちゃんと相談するから大丈夫だよって言われて安心して受診しています。
福島先生との連絡は、その先生が取ってくれて後で状況を説明してくれるって流れです。
しかしながら、弟子の先生方が福島先生にメールしても返答が早くて1ヶ月以上かかります。
福島先生はそれくらい忙しいのです。
私も運よく一度だけ福島先生本人に診察していただいたことがありますが、一方的にガーッとしゃべって嵐の様に去っていきました。どうやら手術中だったらしいです。
↓福島記念クリニックのHPです(^_^)
http://www.s-fmc.jp/
 

レンタル掲示板
/2